「ほっ」と。キャンペーン
  ホーム | ブログトップ | イベント情報 | お知らせ | お客様情報 |
<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010年 05月 17日
「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 」に参加してきました!
a0164620_120228.jpg
残念!完走できず。
体調不良、練習不足、そして直前に複数のトラブルとすべてが祟ったため?見事に撃沈してしまいました。
(スミマセン、、言い訳です)

国内で開催されるウルトラマラソン中でも過酷なことで知られる、この「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 」。
しかし物好きはいるもので、42.195km、71km、100kmあわせて約1500名が集まりました。
※大概が過酷な方が好きという方々です。

a0164620_12155231.jpg
スターターはオリンピック金メダリストの荒川静香さん!

a0164620_1217010.jpg
朝霧の中をランナーが駆けていきます。
制限時間は14時間、一見長いようですが、このコースでの完走にはギリギリの設定です。

a0164620_12192652.jpg
早朝にもかかわらず大学のチアリーディング部の学生たちが出発を労ってくれます。

a0164620_136946.jpg
ウルトラマラソンはエイドステーションをフル活用、各町のボランティアスタッフが早朝から3km毎に設置してくれていました。

a0164620_1381571.jpg
朝霧がはれると八ヶ岳が目の前に飛び込んできます!

a0164620_139520.jpg
標高1908mの最高地点!
スタートからの標高差は約600mを前半15kmで駆け上がります。

a0164620_13102875.jpg
残雪がまだ少しだけ残っていました。

a0164620_1311534.jpg
雲海の上をランナーたちは駆け抜けていきます。

a0164620_13584495.jpg
パンダの仮装!はいいのですが、この格好かなり暑そう。
本人曰く「馬越峠よりこの衣装の暑さの方がきつそう…」
※馬越峠とはこのコース2本目の急登の最高点。

a0164620_13141626.jpg
還暦でしょうか?しかしこの格好もすごいです(ちゃんと完走されていました)

a0164620_13151326.jpg
弊社サイクルジャージで参加中「TOBASU TOBUS」の方!複数でご参加・ご愛用ありがとうございます!

a0164620_1318465.jpg
途中お汁粉エイドが登場です!

a0164620_13183766.jpg
八ヶ岳を背負う極上ランニング!

a0164620_13191557.jpg
いよいよフルマラソンを通過。当日の体調を考慮するとここまでのつもりでしたが、この晴天につられてもう少しだけ行ってみようという気になりました。

a0164620_13205733.jpg
松原湖の水が輝いています。

a0164620_13213148.jpg
春の小路を走る少女?いやおきれいな方が走っていました(100kmをこの格好で走るのですからすごい…)。

a0164620_13224540.jpg
やっと中間点(50km)ここは手打ちそばエイドなのでかなりの行列です!

a0164620_1324399.jpg
私設エイド。
野葡萄の若実をつぶしてぬると湿布みたいに筋肉疲労を軽減することができるのだそうです。
年配の方の知恵には頭が下がります(しかもこの暑い中、ありがとうございます)

a0164620_1327672.jpg
この大会唯一箇所の折り返し箇所(往復8km)ではいったところで伊豆大島ウルトラで一緒に走った「忍者」さんと再会!
お互い大手を振って喜んだのはいいのですが…走力はおなじくらいのはずなことを考えると…
つまり普段より1時間近く遅れをとっていることになっています!?

a0164620_13301664.jpg
こなのあたりにきてついに息ができない状態になり…無念ながら71kmの部のゴール地点にて途中棄権。

a0164620_13312778.jpg
足につけていたチップを無念、この日の体調では無理なのはわかっていましたが、やっぱりゴールまで行きたかった。。



a0164620_13353072.jpg
仕方なくゴール前で知人たちのゴールを出迎えようと待機することに。

a0164620_133763.jpg
a0164620_13412156.jpg
知人たちも続々ゴールテープを切っていきます。
もちろんうれしいことなのですが、結局自分だけがゴールテープを切れず。
なんか疎外された気持でした。

a0164620_13511254.jpg
制限時間までのカウントダウンがはじまった。

a0164620_13531778.jpg
最後の力をふりしぼって懸命にゴールになだれこみます。

a0164620_1352670.jpg

そしてついに終了。



a0164620_14245341.jpg
ほんとうはこれと同じメダルをかけて凱旋するつもりだった。
この体調で71kmまで走れただけでも頑張ったつもりだったのですが悔しさは隠せませんでした。

よし、来年はきっとあの馬越峠を越えてゴールテープを切るぞ!




ウルトラマラソンの場合は早朝から日没までの間、ずっと走り続けるためウェアの選択が結構重要になってきます。
この日の朝方の気温は6度、日中は20度を超えていたわけですから15度もの気温差があるわけです。

そのためウルトラマラソンの大会ではウェアを切り替えられるようにレストステーションを設けてある場合が多く、新しいウェアに切り替えることもできるのです。

私の場合は着脱可能なものを使用して調整するようにしているのですが、もちろん一式まるごととりかえる方もいらっしゃいます。

そのときに真新しいウェアで心機一転で続きに望むというのも一手ですね。

by waveonerun | 2010-05-17 14:21 | イベント情報
2010年 05月 10日
「安政遠足」(侍マラソン)に参加してきました!
安政2年(1855年) ときの安中藩主 板倉勝明公は 藩士の心身鍛練を目的として 五十才以下の藩士98名を数隊に分け 5月中旬より6月初旬にかけ 安中城内より碓井峠の北野権現まで 七里余の中山道を走らせた
これを「安中御城内御諸士御遠足」という
これは日本におけるマラソンのはじめである
安政遠足・日本マラソン発祥の地碑文より


a0164620_1135859.jpg
※弊社では新撰組ウェアも甲冑も取り扱っておりません。

いきなり、真剣白羽取失敗!


上記碑文で有名な安政遠足(侍マラソン)参加してきました!
安政遠足とは日本最古のマラソン大会であると同時に日本でもっとも仮装率の高いマラソン大会として有名なのですが、正直侮るなかれ。

コースは群馬県の安中城址から、かつて中山道最大の難所といわれた碓氷峠まで一気に駆け上がりその標高差1,100m、走行距離29.17kmとロード+トレイルラン大会としてただでさえ走ることが大変な大会なのです。

a0164620_11121817.jpg
主催の安中市は城主役のため全員甲冑のいでたちで戦の本陣となり、

a0164620_11133478.jpg
報道は瓦版屋の町商人のいでたち。

a0164620_11164413.jpg

こちらがランナー!???
そもそもパンフレットには「侍姿での参加をお待ちしております。」のとおり
侍出で立ちで走る人が多かったのですが…拡大解釈で
いつしか千差万別の仮装で走るランナーであふれかえるようになったというわけです。

正直、これだけの仮装行列がゴール目指して駆けていく大会なんてほかにはないでしょう。

a0164620_11253425.jpg
新撰組なので、坂本龍馬は見つけ次第、切りつけます(先程の白羽取失敗から復活!?)

a0164620_11283064.jpg
スタート!というよりまっ昼間の百鬼夜行開始!

a0164620_11295857.jpg
今年注目のランナーといえば…とうぜん??鬼太郎ご一行様(一反木綿もいました)

a0164620_11313716.jpg
I PhoneおよびI Pad!

a0164620_11322836.jpg
そして、珍獣ハンター「イモトアヤコ!」

a0164620_11331075.jpg
安中の偉人。「新島襄」

a0164620_1134654.jpg
定番どころでデビルマン!

a0164620_1140879.jpg
走る花ヨメたち!う~んドラマだ。。

a0164620_11344586.jpg
年配の方も“と・う・ぜ・ん”仮装です。最多は36回中34回出場の超ツワモノも!

a0164620_1136117.jpg
そして、やっぱり龍馬は今年の一番人気です!もちろん女性だろうと龍馬には手加減なしで切りつけます!

a0164620_11375694.jpg
ちょっとブレイク。
弊社製のサイクルジャージを着用して私設エイドを設けてくれていた方もいました。

a0164620_1139479.jpg
ランナーの数もおおいですが、この大会はいかんせんランニング祭り!
沿道も非常ににぎやかなのです!

a0164620_11417100.jpg
ここまででもおなかいっぱいだと思いますが…ここでやっと前半終了です。

a0164620_11415063.jpg
ここから旧中山道を忠実にたどったトレイルランへと突撃!
なんと“あのまんま”のいでたちで山道を分け入っていくのですから…


a0164620_11441843.jpg
とうぜんここで倒れても救急車もリタイヤバスも来てくれません(泣)、ということ大活躍するのはこのマウンテンバイク!


そしてやっとゴール。
a0164620_1147201.jpg

大石内蔵助と“時代を越えて”一緒に記念撮影でした。


さて、今回は結局ウェアなどでのご報告が割愛されてしまって恐縮ですが、
みなさんこの日のためにここまで衣装を考えてつくりあげてくるのですからスゴイことですね。

弊社ではさすがに仮装用ウェアまで受けてはおりませんが、
絵柄やオプションなどでみなさんのお好みにあったランニングウェアをつくりますので。

しかもここに出てくるような走りやすさを度外視したものではなく、
デザインだけでなく、着心地も最適なものをつくれるように工夫と努力を日々続けています。

みなさまのご注文、お待ちいたしております!!

by waveonerun | 2010-05-10 11:56 | イベント情報