ホーム | ブログトップ | イベント情報 | お知らせ | お客様情報 |
2010年 05月 17日
「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 」に参加してきました!
a0164620_120228.jpg
残念!完走できず。
体調不良、練習不足、そして直前に複数のトラブルとすべてが祟ったため?見事に撃沈してしまいました。
(スミマセン、、言い訳です)

国内で開催されるウルトラマラソン中でも過酷なことで知られる、この「星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン 」。
しかし物好きはいるもので、42.195km、71km、100kmあわせて約1500名が集まりました。
※大概が過酷な方が好きという方々です。

a0164620_12155231.jpg
スターターはオリンピック金メダリストの荒川静香さん!

a0164620_1217010.jpg
朝霧の中をランナーが駆けていきます。
制限時間は14時間、一見長いようですが、このコースでの完走にはギリギリの設定です。

a0164620_12192652.jpg
早朝にもかかわらず大学のチアリーディング部の学生たちが出発を労ってくれます。

a0164620_136946.jpg
ウルトラマラソンはエイドステーションをフル活用、各町のボランティアスタッフが早朝から3km毎に設置してくれていました。

a0164620_1381571.jpg
朝霧がはれると八ヶ岳が目の前に飛び込んできます!

a0164620_139520.jpg
標高1908mの最高地点!
スタートからの標高差は約600mを前半15kmで駆け上がります。

a0164620_13102875.jpg
残雪がまだ少しだけ残っていました。

a0164620_1311534.jpg
雲海の上をランナーたちは駆け抜けていきます。

a0164620_13584495.jpg
パンダの仮装!はいいのですが、この格好かなり暑そう。
本人曰く「馬越峠よりこの衣装の暑さの方がきつそう…」
※馬越峠とはこのコース2本目の急登の最高点。

a0164620_13141626.jpg
還暦でしょうか?しかしこの格好もすごいです(ちゃんと完走されていました)

a0164620_13151326.jpg
弊社サイクルジャージで参加中「TOBASU TOBUS」の方!複数でご参加・ご愛用ありがとうございます!

a0164620_1318465.jpg
途中お汁粉エイドが登場です!

a0164620_13183766.jpg
八ヶ岳を背負う極上ランニング!

a0164620_13191557.jpg
いよいよフルマラソンを通過。当日の体調を考慮するとここまでのつもりでしたが、この晴天につられてもう少しだけ行ってみようという気になりました。

a0164620_13205733.jpg
松原湖の水が輝いています。

a0164620_13213148.jpg
春の小路を走る少女?いやおきれいな方が走っていました(100kmをこの格好で走るのですからすごい…)。

a0164620_13224540.jpg
やっと中間点(50km)ここは手打ちそばエイドなのでかなりの行列です!

a0164620_1324399.jpg
私設エイド。
野葡萄の若実をつぶしてぬると湿布みたいに筋肉疲労を軽減することができるのだそうです。
年配の方の知恵には頭が下がります(しかもこの暑い中、ありがとうございます)

a0164620_1327672.jpg
この大会唯一箇所の折り返し箇所(往復8km)ではいったところで伊豆大島ウルトラで一緒に走った「忍者」さんと再会!
お互い大手を振って喜んだのはいいのですが…走力はおなじくらいのはずなことを考えると…
つまり普段より1時間近く遅れをとっていることになっています!?

a0164620_13301664.jpg
こなのあたりにきてついに息ができない状態になり…無念ながら71kmの部のゴール地点にて途中棄権。

a0164620_13312778.jpg
足につけていたチップを無念、この日の体調では無理なのはわかっていましたが、やっぱりゴールまで行きたかった。。



a0164620_13353072.jpg
仕方なくゴール前で知人たちのゴールを出迎えようと待機することに。

a0164620_133763.jpg
a0164620_13412156.jpg
知人たちも続々ゴールテープを切っていきます。
もちろんうれしいことなのですが、結局自分だけがゴールテープを切れず。
なんか疎外された気持でした。

a0164620_13511254.jpg
制限時間までのカウントダウンがはじまった。

a0164620_13531778.jpg
最後の力をふりしぼって懸命にゴールになだれこみます。

a0164620_1352670.jpg

そしてついに終了。



a0164620_14245341.jpg
ほんとうはこれと同じメダルをかけて凱旋するつもりだった。
この体調で71kmまで走れただけでも頑張ったつもりだったのですが悔しさは隠せませんでした。

よし、来年はきっとあの馬越峠を越えてゴールテープを切るぞ!




ウルトラマラソンの場合は早朝から日没までの間、ずっと走り続けるためウェアの選択が結構重要になってきます。
この日の朝方の気温は6度、日中は20度を超えていたわけですから15度もの気温差があるわけです。

そのためウルトラマラソンの大会ではウェアを切り替えられるようにレストステーションを設けてある場合が多く、新しいウェアに切り替えることもできるのです。

私の場合は着脱可能なものを使用して調整するようにしているのですが、もちろん一式まるごととりかえる方もいらっしゃいます。

そのときに真新しいウェアで心機一転で続きに望むというのも一手ですね。

by waveonerun | 2010-05-17 14:21 | イベント情報


<< 猫パンチングさま      「安政遠足」(侍マラソン)に参... >>