「ほっ」と。キャンペーン
  ホーム | ブログトップ | イベント情報 | お知らせ | お客様情報 |
2010年 03月 29日
「伊豆大島ウルトラランニング」に参加しました。
a0164620_1226018.jpgスズサンです!
3月27日(土)「伊豆大島ウルトラランニング」明日葉コース(59km)に参加してきました。
※その他御神火コース(100km)、ハートフルランニング(42.195km)があります。


a0164620_1230415.jpg
竹芝桟橋からフェリーに乗り込み、
宴会をしながら一夜、伊豆大島に到着です!

a0164620_12304183.jpg
大島は椿まつりの期間中で遅咲きのツバキもちらほら。
ソメイヨシノの原種「オオシマザクラ」は満開でした。

a0164620_14275111.jpg
島の味覚に舌つづみを打ち、翌朝に備えて就寝です。

a0164620_12344096.jpg
大会当日、明け方にはスタート。
2日酔いも重なって眠いですemoticon-0113-sleepy.gif

a0164620_12371422.jpg
ここから5時半までの30分間は暗闇の中ですがウルトラマラソンではさして珍しいことではありません。

a0164620_12375874.jpg
一旦島内を北上したのちに一気に高低差100mを下降、ちょうど夜明けどきに海岸に到着。

a0164620_12393772.jpg
ウルトラ系ランナー間では超有名人、当マラソン親善大使もつとめるTさん登場!
今回の仮装は「関取・三原山」

a0164620_12403566.jpg
救護スタッフの方ともパチリ。
ウルトラマラソンの面白さは、このようにスタッフもランナーも一緒に楽しみながら走ることです。

a0164620_12421399.jpg
伊豆大島に忍者見参!
ほぼ同じくらいのペースだったのでここから一緒に走っていくことになりました。

a0164620_1243010.jpg
スタートから2時間ほど経過。
だいたいどこかしらかに知り合いが走っているから面白い。
それに相手がいるとペースも落ちることがなく楽しく走れ、情報交換にもなります。

a0164620_1243434.jpg
大きく地層が見える島の南西エリアを快走。

a0164620_12442144.jpg
沖合には新島や利島、神津島が浮かんでいます。

a0164620_1247378.jpg
子どもからあめ玉いただいちゃいましたemoticon-0105-wink.gif

a0164620_12451811.jpg
a0164620_12455018.jpg
途中のエイドでは食料がいっぱいです。
今大会より地元大島主体で運営していくこととなり、各エイド(給水)では食事とかにも地元の方が創意工夫したものがだされました。

a0164620_12481217.jpg
波浮港までのぼると入江を見渡します。
忍者曰く、「噴火口」の跡なのだそうな。

a0164620_12484626.jpg
こちらのエイドでは「あんこ」にちなんでぜんざいが振る舞われます。

a0164620_12492343.jpg
道はぐんぐん高度をあげていきます。
この大会の特徴としては、大小のアップダウンを含めると
59kmの部で800m以上、100kmだと1200mもの高低差を抜けます。

a0164620_12502774.jpg
そしてこの大会最大の見せ場!
裏砂漠に突入!

a0164620_12511796.jpg
裏砂漠の上部で折り返し。
a0164620_12515749.jpg
三原山を見上げるすばらしい景色が広がっていました。

a0164620_12523729.jpg
海、山、そして桜!

a0164620_1253758.jpg
サイクルチームの方もマウンテンバイクで島を楽しんでいました。

a0164620_12533591.jpg
椿あんこ含めた美女3人衆とも一緒に!

a0164620_12541366.jpg
桜(自生)の花咲くの坂道をのぼっていき。

a0164620_1255255.jpg
距離表示にはこんなたのしいメッセージが。

a0164620_12553240.jpg
元気に子どもたちが応援してくれます!

a0164620_1256465.jpg

a0164620_1258792.jpg
三原山中腹の放牧場をぬけていよいよ50km地点を通過!

a0164620_12565045.jpg
新火口を望む展望台!
a0164620_1257377.jpg
大島最大の町、元町が眼下には一望でいました。

a0164620_12585017.jpg
そして最後のエイドになる「歌乃茶屋」では看板娘がお茶を入れてくれます。
a0164620_12593640.jpg
明日葉入りのそばも振る舞われます。

a0164620_130384.jpg
ここから元町港へ一気に下降です!
なんかこれで終わってしまうと思うとちょっと悲しい。

a0164620_1303926.jpg
けれども結局ゴールはきてしまいました。
記録は59kmで総合11位、写真撮りながらと考えるとまずまずといったところでしょうか。

a0164620_14374762.jpg
ゴール後実行委員長のOさん(肩まで組んでいただきましてスミマセンっ)、椿あんことも記念撮影。

a0164620_1312216.jpg
完走すると新島ガラスでつくられた立派なメダルが頂けます。


a0164620_134974.jpg
ゴールではなんと“走る落語家”で有名な三遊亭楽松師匠が忠臣蔵の討ち入り衣装でランナーを迎えてくれていました!
楽松師匠は今年は落語(真打)の傍ら、沖縄学徒隊慰霊ピースランで宗谷岬から摩文仁の丘までの約3,000kmを走破するそうです。

a0164620_1355626.jpg
地元の実行委員長のTさん。最後までギャグで盛り上げながらゴール、お見事でした!

-------------------

今回はもう桜の時期になったので半袖ウェア+アームウォーマーで走ってみたのですが、ちょっと肌寒かったです。

ウルトラマラソンの場合は心拍数を極度に上げないような走り方をするので、それなりに暖かい方がいいので走りながら調整をきかせるにはアームウォーマーは非常に便利なのですが、今回は寒波の影響で長袖の方が結果むいている気候だったようです。

春先では、暑さ寒さにあわせて柔軟なウェア選択をできるようにしておくと便利かもしれません。

by waveonerun | 2010-03-29 13:08 | イベント情報


<< ハセツネ30でHarriers...      ランナーズ5月号発売!! >>